現在位置:Home > 企業情報 > 次世代育成の取り組み


企業情報

次世代育成の取り組み

1.次世代育成支援対策とは?

次世代育成支援対策推進法(以下、次世代法)は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行う「次世代育成支援対策」を進めるために、2005年4月に施行されました。
次世代法の改正により、2011年4月より従業員数101人以上の企業は、社員が仕事と家庭(子育て)を両立しやすくするために配慮し、その内容を行動計画として国へ届出ることが義務付けられました。
OTPSでは、次世代法に基づいて行動計画を策定し、両立の支援に取り組んでいます。

2.OTPSの行動計画について

社員一人ひとりが、次世代育成支援を自分自身の問題と捉え、仕事にも子育てにも喜びが見いだせる職場、互いに支援しあえる職場、誰もが生き生きと働ける職場を目指します。

  1. 計画期間
    2015年4月1日から2020年3月31日までの5年間
  2. 内容
    目標:所定外労働の削減のための措置の実施
  3. 対策
    2015年4月~、全従業員への周知(全体集会等による周知)

ページの先頭へ